忍者ブログ
シルバーレイン内に生息する月篠皓とかいう人の日記。 わかんない人は、帰るといいと思う
<< 11  2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>


2017/12/16 (Sat)                  [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/12/26 (Tue)                  クリスマスなんかとっくに終わってるがね

 今日は誰もが夜が更けるのを待っている。

 星が散りばめられた夜を、輝きに満ちた街の中で待っているから…私は独り影に隠れていつものようにそれを見ていた。

 
 




 ハロウィンの日よりも眩しい。

 私はそう思う。
 いつものように、闇を纏って街の片隅。排気ガスと埃で汚れたガードレールに肩膝引き寄せて座って、行き交う人々を見ていた。

 誰もが幸せそうだった。
 少なくとも、煌く光の中ではそう見えた。
 特に待ち合わせも用事も決めていなかったから、今日はずっとこのまま人の波を見ていようと思ってた。
 そういうのが、一番好きだった。
 誰にも関わらないまま、幸せな光景を眺めていられるときが一番安心してられる。
 水の中の金魚を見るのと同じ気分。
 きれいだと思うけれど、ガラス鉢の境界線に隔てられて絶望的に遠い世界。
 無条件で愛すけれど、そこには自分は含まれない。

 街を満たすクリスマスソングと、イルミネーションの輝き。
 人の笑い声。携帯の音。転がる空き缶。クラクション。空。雲。吹き上げるビルの風。排気ガスの匂いと声と泣き声とノイズと―――。

 ぶつり、と切れた電話の音。
 
 わっと、人が沸いた。
 駅前のクリスマスツリーが、今日何度目かの音楽と光をばら撒き始めた。
 
 ……それを、なんとなく見ていた。
 ガラス鉢の向こうの世界。遠くの歩道で、子供が泣いていた。
(泣かなくていいよ、大丈夫)
 そちらに目を向けて思う。祈る。
 どこからか聞こえてくる声。太く力強い…賛美歌。…違う、これはゴスペル。
「神様…どうぞ、慈悲と寛容を」
 
 今宵こそは、聖なる夜なのです。

 気がつけば、再びツリーは輝きを失い。人の流れはいつものように速い流れで通り過ぎてゆく。
 何かが欲しいと思わなかった。むしろ、とても満足した。
 だから、いつものように気まぐれなままガードレールを離れて歩き始めた。

 どこに行こう?

 どこにでも行ける。
 そう思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 背後:リクエストがあったとか無かったとか。クリスマスの話w
    実際は、このあとに久と一緒にここのクリスマスツリーを見にきてたりするとかしないとか?w

 ま、そんな感じですよw

PR
// この記事にコメントする //
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
// この記事へのトラックバック //
この記事にトラックバックする: 
[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[01/09 皓]
最新記事
(01/08)
(07/30)
(04/02)
(03/12)
(03/08)
最新TB
プロフィール
HN:
月篠皓
年齢:
27
性別:
女性
誕生日:
1990/12/12
自己紹介:
このブログ中に用いられているイラスト作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する『シルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
イラストの使用権は作品を発注したプレイヤーに、著作権は各イラストマスター様に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します

ちなみに、メセアドはgimmick_flower@hotmail.co.jp
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析

Designed by TKTK
PHOTO by *05 free photo

忍者ブログ [PR]